社団法人東京都眼科医会 Tokyo Association of Ophthalmologists ホームへ
戻る

東京都ロービジョンケアネットワーク
※こちらは、医療従事者向けのページでございます。

東京都眼科医会は、ロービジョン者・視覚障害者に 対する専門的なケアの円滑かつ
確実な提供を推進するため、 「東京都ロービジョンケアネットワーク」を策定しました。

このプログラムでは、日常の診療のなかで、ロービジョンあるいは視覚障害の患者を
診て専門的なケアが望まれると判断された場合、すべての眼科医が、確実に専門施設へ
の連携をとることができるようになっています。
 
●ロービジョン者・視覚障害者の発見
各自の診療の中で、専門的なロービジョンケアが必要な患者さんを発見することが
スタートラインです。

ここで対象となるのは、身体障害者手帳の視覚障害(1〜6級)に該当する程度の
視機能の方を主に想定しますが、視力や視野の障害がこれに至らない程度であっても、
羞明、夜盲、コントラスト感度低下等を含む視覚的な問題に基づく
日常生活・社会生活上のニーズが求められる場合には対象とします。
患者さんの紹介先は下記の2つに分けました。
 
1.ロービジョンケア拠点眼科医療施設 (WEBでの検索・紹介)

2.ロービジョンケアを行っている福祉施設 (WEB・リーフレットでの検索・紹介)
 
1.ロービジョンケア拠点眼科医療施設の検索と紹介

上記のようなロービジョン者または視覚障害者を診て眼科施設でのロービジョンケアが
望まれると判断され、自院所での対応が困難な場合は、東京都眼科医会が指定する
ロービジョンケア拠点眼科医療施設のうちから受診可能なところを検索・選択し、
その患者さんを紹介します。

ロービジョンケア拠点眼科医療施設への診療情報提供書と患者向け案内資料を提供します。
患者さんの紹介に際しては、通常の眼科医どうしの患者紹介と同様に、診療情報提供書を作成します。
 
2.患者さんのニーズが医療分野以外の具体的な内容である場合は
  該当する福祉施設を紹介

・本や新聞が読みたい・ショッピングがしたい
・便利な日常用具が欲しい・仕事を続けたい、探したい
・就学の進路相談をしたい・まぶしさをどうにかしたいetc
 
@ WEB版:福祉施設を6つのカテゴリー(生活訓練・支援、教育機関、就労支援、
視覚障害者団体、用具の販売・図書の貸出、眼鏡製作・販売)に分け、
施設情報を紹介しています。
該当する福祉施設情報のページをプリントアウトして患者さんにお渡しください。
 
A リーフレット:福祉施設をWEB同様の6つのカテゴリーに分け、代表となる窓口施設を
掲載しております。
患者さんから代表窓口施設に連絡をとってもらい、代表窓口施設で患者さんのニーズを聴取し、
ニーズに合った施設をご案内します。
 


戻る
Copyright (C) 2006 Tokyo Association of Ophthalmologists.
All Rights Reserved.